格安航空券って安全なの?

今話題の格安航空券。LCCを筆頭に至る所で目にする機会が増えてきました。しかしあまりの安さに、どこか落ち度があるのではないか?安全性は問題ないのか?と不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。

なぜ低価格にできるのか?

格安航空券が料金を抑えられる理由は、安全性を犠牲にしているからではありません。パイロットや乗務員は大手航空会社と格安航空会社で規定の違いはありませんし、機体も格安航空会社の機体の方が新しいことが多く、安全性に欠けるとは考えられません。ではどこでコストを抑えているのでしょうか。答えは、機内サービスなどの細かなところです。まず格安航空は、通常無料で配られる機内食が有料となっています。食べ物のほか、飲み物や毛布、映画などのエンターテイメントサービスも同様です。また、格安航空には荷物の重量制限があります。規定された重量を超えてしまうと、追加料金を請求されてしまいます。手荷物の数も決められており、こちらも同様で追加料金が必要な場合があります。

整備はどうしているの?

整備士
次に格安航空機の整備について考えたいと思います。ある程度の規模の格安航空会社になると、自社内に整備部門を設けており、軽整備はそれぞれの会社で行われています。格安航空機は単機材でできており、整備士の習熟も早いため、整備能力が大手会社に劣るとは言えないでしょう。重警備は委嘱することが多いですが、その委嘱先も大手会社の整備も請け負っており、そういった意味でも格安航空会社だけが整備不足、ということにはなり得ません。

格安航空は危険ではない

格安航空を避ける理由として、「安全をお金で買っている」「安すぎて不安だ」等が挙げられると思います。しかしなぜ安いのか、ということをきちんと調べれば、これらの理由で格安航空を避ける必要はないと気づくのではないでしょうか。実際航空会社安全ランキングの上位に格安航空会社がランクインしていますし、事故も減りつつあります。また、国内では格安航空会社と言えども、それらは大手航空会社から派生しているということも多く、その場合は大手航空会社の技術がそのまま用いられており、安全性に欠けるとは言えません。

自己判断でお得に乗ろう

ここまで格安航空会社の安全性について述べてきましたが、低料金の理由が安全性に欠けているから、ということはありませんでした。帰省やちょっとした移動など、機内サービス等の特別な快適さが必要でない場合は、どんどん格安航空会社を利用していいのではないでしょうか。

関連記事: